カテゴリー別アーカイブ: 智

Unifying

unify

・この、赤いアイコンが付いたレシーバーを使うと複数のデバイスをこの一つのレシーバーで繋ぐことを可能とする。
 NUCを用意してみたが、USBポートは全部で4個、これを使うことで、ポートが二つ空きました。
・NUCには、デバイスをつなぐ手段として、Bluetoothがありますが、UEFI上では使用できない。

ロジクール以外でも似たものがあるようです

ロジクール Unifyingレシーバー

多数のデバイスに1つのレシーバー
一対多の接続

最大6台のUnifyingデバイスに1つの小型レシーバーが対応。差し込むだけで、追加マウスとキーボードが1台のパソコンにつながります。
デバイスの接続

準備、設定して、最大6台のUnifyingデバイスまたはUnifying対応デバイスを1つのレシーバーに接続。Unifyingソフトウェアをダウンロードして、お使いのデバイスすべてを1つのレシーバーに素早く追加。

ソフトウェアをダウンロード
Unifyingの有利性

便利で扱いやすい、高度な2.4 GHzワイヤレス テクノロジー
簡単な移動性と優れた経験を実現 – マウスとキーボードをパソコンバッグに簡単に入れて、職場や自宅で使用。マウスやキーボードは、1つのUSBポートがあればいつでも使用できます。
UnifyingデバイスとUnifying対応デバイス

多数のUnifying製品から、キーボードとマウスのコンボやマウス コレクションを構築

チェックマーク

チェックマークを入力する方法をあっぷしてましたが、
Windows10にしてから、うまく入力できないのでネットで調べてみました。

フォントを「Wingdings」や「Wingdings 2」を指定する。

▼操作手順:チェックマークを入力する

1.[フォント]に「Wingdings」を指定

2、日本語入力をOffにする

3.[Alt]キーを押しっぱなしにして、テンキーで「0252」と押す
(このとき画面には何も表示されません)

4.[Alt]キーから指を離なす。

例:check

備忘録:対象レコードを別テーブルのポータルにコピー(入力)

filemakerで一括で選択データをポータルに入力しようとしました。
悩みました。
ネットで調べてみると
レコードをインポートするのが簡単な方法と、トライしてみました。
まだまだ、filemaker初心者、なかなか前に進みません。
用語の理解、応用が(^^;)

やっと、うまく動作するものが作れたようなので、忘れないうちに
備忘録として

1.リレーションキーを変数に登録
 (ポータル関連レコードと同じリレーションキー)
2.関連レコードに移動
3.関連レコードに変数(リレーションキー)をグローバルとして登録
4.ポータルがあるレイアウトに移動しレコードをインポート

これで、ポータル関連レコードにリレーションキーとレコードが書き込まれ
それが、ポータルに表示(入力)されます。

Flash Playerではまりました(-_-)

誕生日には、ネット登録しているところからメッセージ
プレゼントが届きます。
あるところでは、スクリーンセーバー。
このソフトには、 Flash Player ActiveXが必要
それをインストールしようとしてみるのですが
最新のものではないと、はねられ、悩みました。
いろいろと試したところ・・・
普段使っていない
IEの
プラグイン!!
IEでFlash Playerをインストールすると
解決!!